20代夫婦で横瀬町移住、なぜ横瀬?

この記事は約4分で読めます。

今回は、『なぜ夫婦で横瀬町に移住してきたのか?』

ということについて書いていきたいと思います。

結論から言うと、住んでいる人たちの温かさ優しさに惹かれたからです

最終的には人の良さに惹かれて移住を決めたのですが、

たくさん地域がある中で、なぜ横瀬が候補に挙がったのかを

掘り下げていこうと思います。

Sponsored Link

移住のきっかけ

夫婦の簡単なプロフィール

私たちは2年間の遠距離の末、結婚しました。

結婚してからは、旦那の社宅に住んでいました。

社宅といえど、建物は10年たっておらず、広さも3DKで十分な広さ、

社宅でありそうな しがらみ もなく、日当たりもよかったので

個人的にはとても気に入っていました。

家探し

すぐには考えていませんでしたが、いずれ家が欲しいという話になり、

地域を探していたところ、横瀬を発見。

というのも、広さや、環境、予算やお互いの実家の近さを考えたときに

横瀬が2人のこだわり条件にマッチしていたからです。

空き家をリノベーションして住むのもいいね。

という話になっていたところ、横瀬町の空き家バンクに

駅徒歩10分以内、広さ十分、築20年前後の物件が数百万円で出ていました!

すぐさま連絡して、雨の中でしたが、翌日には物件を見に行きました(笑)

結果、その物件は取り下げてしまって、決めることは出来なかったのですが、

そこから空き家バンクを覗く日々。

そのうちに、地域についてどんどん興味が出ていきました。

移住者に手厚い町、横瀬。

横瀬町は、消滅可能都市として選ばれている町であり、

『このままではいけない』という気持ちからか、

挑戦しようとする人を応援する町です。

国からの地方創生推進交付金を受けていることもあり、

移住(特に若者や、新婚世帯)には手厚い補助金が用意されています。

横瀬町HP

地域おこし協力隊を選んだわけ

地域おこし協力隊を見つけて、はじめに興味を持ったのは旦那のほうでした。

横瀬に足を運んでみて、地域の雰囲気がとても気に入ったので、

町 経営課 に電話をしてみました。

すると、熱い暑い厚い 思いを持った 田端さん という方から約20分間

こういうことをやりたいんだ!!!というメッセージをもらいました。

横瀬のことを全然知らないから、この時は話が半分くらいしか

わからなかったのですが、なんとなくの直感で、この人と働いたら

毎日ワクワクしそう!! と感じました。

実際に会いに行ってみると、目をキラキラさせながら、

「駅前食堂がもうすぐオープンするんだ!」と話してくれたり

花咲山や898に案内してくれたりしました。

大人でこんなにキラキラした目をした人を

私は久しぶりに見ました(笑)

でも、ここでは移住の本決定をしていませんでした。

移住の決定打!

私はパートをしながら、業務委託という形で仕事をしていたのですが

コロナによる影響で、パートをしていた会社のほうから

今の働き方では続けてもらうことが困難だと伝えられ、

正社員になるか、辞めるかの選択を迫られることになりました。

通院をしていることもあり、週5の時間固定(残業あり。)

は厳しく感じていました。

そんな時、

『なんかあったらさ~いつでも連絡してwww待ってるから!』(文面まま)

と声をかけてくれた

横瀬のスーパー公務員 田端さんを思い出し、連絡をしました。

すると、一切の迷いなく

『うちなら、通院しながらでもいいよ。無理せず、働けるだけで。』

『大事だなと思うこと、優先しなよ。』

この時は、あまりにも嬉しくて、(泣きそうで。)

すぐに『移住するので横瀬で働かせてください』

って言った気がする(笑)

田端さん自身、このことを覚えてくれているかは

わからないけど、この言葉がなかったら今横瀬には

いなかったと思います。

私の最終的な決定打は田端さんでした。

こうして、その返事をもらった1週間後に履歴書を送付。

そして、その2週間後に面接。

その1か月後には引っ越しをして、

さらにその2週間後から働き始めました。

Comment✍

タイトルとURLをコピーしました